電子ピアノ 配送方法

おすすめの電子ピアノの配送方法

電子ピアノ 輸送

電子ピアノ 配送

電子ピアノ 配達

電子ピアノ 輸送

 

電子ピアノはコンパクトで最近人気がありますね。
電子ピアノを配送してくれる業者といえば、ピアノ専門店が安心ですが費用はやや割高になります。

 

なるべく費用をかけないで電子ピアノを運びたいなら、1番数の多い引越し業者がオススメです。
すべての引越し業者がピアノの配送を扱っているわけではありません。

 

でも引越し業者一括見積もりを利用すれば、ピアノを運んでくれる業者を簡単に探すことができます。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

さらに、1回の入力で最大10社から見積もりを取ることができます。

 

費用の相場はもちろん、最安値の会社も簡単に見つけることができます。

ぜひ賢くご活用くださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越しと繁忙期

 

引越し繁忙期

 

引越しには繁忙期(オンシーズン)と通常期(オフシーズン)とがあります。
繁忙期と通常期には費用相場に差があります。もちろんピアノを運ぶ費用もそうです。

 

引越し相場と繁忙期

 

日本では4月から新学期を迎えるため、新大学生や新社会人は3月に新生活のために一斉に引越しします。
さらには春の人事異動で、新天地に移動するサラリーマンも加わって、3月は引越し業者が最も忙しい時期(繁忙期)なのです。

 

繁忙期は初動が遅いと、引越し業者が見つからないこともある危険な時期です。
新居の住所がわかったらすぐに見積もりをいらいしましょう。

 

そして繁忙期・通常期に限らず、引越しの準備は早めがオススメです。

 

今は一括見積もりで複数の引越し業者から見積もりが取れますので、簡単に業者を比較することができます。
繁忙期といっても引越費用には差がありますので、少しでも安く引越しできるといいですね。

 

 

引越し業者のオプションとは?

 

引越し ピアノ オプション

 

引越し費用は人件費・交通費とオプション費用によって決まります。
しかしオプションって何のことかわかりにくいですね。

 

引越しのオプションとは以下のようなものです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

この中で依頼が多いのは、@のエアコンの移設です。
賃貸の場合、エアコンがもともと部屋に付いていないところも多いので、自分で購入して取り付けます。
自分で購入した家電は新居にも持って行きたいと思いますよね。

 

しかしエアコンは電気事業者でないと取り外しができませんので、自分で手配するしかないのです。
引越し業者に依頼すれば1回で済みますが、直接電気屋に連絡すると旧居で1回、新居でも1回、合計2回連絡して来てもらう必要があります。

 

費用が同じくらいであれば、引越し業者にオプションを依頼したほうが簡単です。

 

ピアノの引越しは取扱いのない引越し業者もあります。
高級な楽器なので、もしもの場合の補償を考えると割に合わないからです。

 

ピアノの運送を扱う引越し業者を探すなら、一括見積もりでピアノの運搬をオプションで入力しておけば対応可能なところを自動的に選んでくれますよ。

 

 

レンタカーで運ぶ

 

ピアノ レンタカー

 

トラックのレンタカーで電子ピアノを運ぶことはできるででしょうか?
電子ピアノにもいろいろな種類がありますね。
エレクトーン並みに重いものは自分で運ぶのはオススメしませんが、持ち上げられるものであれば出来るかと思います。

 

普通免許で借りることのできるトラックは2t以下のトラックですから、1っと1.5tと軽トラックのいずれかを借りることになると思います。
普段トラックなんて運転しない、自信がないという方は軽トラックがオススメです。

 

トラックのレンタル料はだいたい1日7000〜10000円くらいです。
最後にガソリンを満タンにしてレシートを提示しなければなりませんので、使った分のガソリン代もかかります。

 

レンタカーで運ぶ場合ですが、配送先が近距離でなく遠距離の場合は往復の高速代やガソリン代がかかるので安く運ぶという目的が怪しくなります。
もちろん借りた営業所と違う営業所にレンタカーを返却することも可能ですが、結構な額の手数料が必要です。

 

もしかしたら宅配業者の家財便や引越し業者の方が安いかもしれませんので、比較のためにも見積もりを取ってみるといいかと思います。

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しにはいろいろすることがあります。先にどんなことをするのか確認しておきましょう。

 

引越し業者に見積もりを取るのは、新居が決まってからがオススメです。
なぜなら新居の階数やエレベーターの有無などの情報がないと、正確な引越し費用を計算することができないからです。

 

そして荷物は早めに梱包しましょう。
あまり使わないものや季節外れの洋服などから梱包するのがいいですよ。

 

梱包作業中に出た不用品は、できるだけ引越し前に処分しましょう。
運ぶ荷物が多ければ多いほど、引越し料金が高くなるので計画的に処分してくださいね。

 

市外へ引越しするなら「転出届」を市町村役場に出します。
これは引越し2週間前から出すことができます。
ついでに国民健康保険や国民年金、児童手当など役所関係のものがあれば、住所変更について必要なものがないか聞いておくと無駄がありませんね。

 

電気・ガス・水道は引越し日までの費用を日割りで精算してもらうように手配しましょう。
詳しいことは各会社で異なりますので、電話で確認してください。
もし同じ市内での引越しなら、引越し日から新居でこれらを使えるようにしてもらってくださいね。

 

最寄りの郵便局に行って引越し日からは新居に荷物を転送してもらう手配をしてください。
郵便局では1年間は郵便物を転送してくれるので、その間に引越しした新住所を知り合いに伝えておきましょう。

 

引越し当日は家具や家電の配置を引越し業者に指示してくださいね。
貴重品・高級品・現金・通帳・印鑑・貴金属・時計・パソコン・データ類・下着・見られたくないものなどは自分で運んでくださいね。
これらは保険が利かないものや、保険では元通りにならないものなので、自分で管理するようにしましょう。

 

引越し日から2週間以内に市内引越しなら「転居届」を、市外引越しなら「転入届」を新居に最寄りの役所に出してください。
これで選挙など役所からのお知らせが届きます。

 

運転免許証やパスポートなどの身分証明書になるものや、各種の保険・銀行カード・クレジットカードなどの住所変更手続きを行ってくださいね。

 

 

引越し用のダンボールの集め方

 

引越し ダンボール

 

引越しには大量のダンボールを使いますが、みなさんどうやって調達しているのでしょう?

 

引越し業者と契約をすると、最初にダンボールを大量に貰うことができます。
その時貰えるダンボールの数は引越し業者によって異なりますが、50個など数十個単位でもらえますので非常に助かりますね。

 

しかしもともと荷物の多いご家庭や、家族の多いご家庭ですと、50個のダンボールでも足りないことがあります。
足りなかった時はどこかから調達する必要があります。

 

以前はスーパーで貰うことができましたが、今はレジ袋の有料化で事情がちょっと違います。
ダンボールがお客さんへの無料サービスとしてお店の中に置かれるようになったため、1人での大量の持ち帰りお断りという注意書きがある店も。

 

確かに1人で大量に持ち帰られると、お客さんにも迷惑がかかりますし、店内にダンボールを補充する人の負担が大きくなるのでお店側も苦肉の策なのです。

 

もしスーパーで貰えなかった場合は、近所のドラックストアでも聞いてみましょう。

 

どうしても貰えなかった場合は、買いましょう。
引越し業者に相談して有料で追加購入したり、ネットやホームセンターなどで買うことができます。

 

 

 

ベット 送料 ベット 配送 ベッド 輸送