引越し難民 繁忙期

引越し難民と繁忙期

引越し難民

 

引越ししたいのに、引越しできない人たちを「引越し難民」と呼びます。
最近、繁忙期の引越し難民が問題となっています。

 

引越しの繁忙期である3月に引越ししたいのに、引越し業者が全く見つからないのです。
なぜ今更引越し難民が出るようになったのでしょうか。

 

繁忙期は今までもずっとありましたし、毎年のことなので引越し業者もこの時期はスタッフを増員して対応するなどしていました。
それなのになぜ今更、引越し業者が見つからないなんてことになったのでしょうか?

 

引越し難民の問題は、2018年頃から始まりました。

 

この原因は引越しの現場の慢性的な人手不足と、大手運送会社による改革で物流が変化したことによるトラック運転手の不足です。
トラック運転手のニーズが他の会社でも高まってしまったのです。

 

その上2019年は大手引越し業者の子会社がある問題で国土交通省の行政処分を受けました。
よって、さらに多くの引越し難民が出ると予想されました。

 

そんなわけで引越し業者から見積りが取れない、もし取れても引越し費用が異常に高いという大問題になったです。
ですから、これからは引越し業者が見つからないことも考えて、繁忙期を避けるような方法を検討してみましょう。

 

先に必要なものだけを新居に郵送して、繁忙期後に大きな家財を運んでもらう。
先に必要な人だけが行きあとで家族が引越しする、時間差引越しができないかなど、いろいろな方法を検討しましょう。

トップページ > 電子ピアノの配送方法はどうしたら安い料金になる?